連日ダイビングのリスクと平均水深

「4日間で18本の無減圧潜水を繰り返し、夫婦そろって罹患した減圧症」
https://oceana.ne.jp/medical/57339
M値の説明は、だいぶわかったかと思います。
連日のダイビングでは、リスクが増えると。
しかしそれ以上に、このスキューバダイビングのプロフィールでは、
危険なことがあります。1本あたりの潜水時間にも寄りますが
基本、14m以上の平均水深は、身体によくありません。
減圧症のリスクが高まっております。
しかしそんな事は、テキストなどには、何処にも書いていません。
自分の経験でそれを感じ取れました。
グアムでガイドをしてもらった時の出来事でした。
いやにのんびり、ブルーホールを通過するな~と思っていたらDECOは
でなかったもののギリギリでした。身体がだるくなるんですよね。
数年後、いつものネット徘徊していると同じこと(平均水深14以上は危険)を
言っている人がいて、びっくりしました。
詳しくは、調べていませんが自分では、平均水深を気をつけています。
だいたい自分のいる位置を把握しているとわかってくるものです。
更に、私のディープ講習では、テキストに則り、違う観点から見た特別な事を
教えているので、その対策を行えばスキューバダイビングはリスクを減らして潜れます。
まずは、水深14mから気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。