スキューバダイビングのナビゲーションSP講習2018013

大瀬にて、スキューバダイビングのナビゲーションSP講習を実施しました。生徒さんは、4人。通常、アドバンスドオープンウォーターを持っていれば、2本の講習ですみますが、きっちりコンパスの使い方を覚えて頂く為に、シリンダー4本コンパスの練習をして頂きました。ゲージのコンパスを使用するとホースがあるため、真っ直ぐにラバーラインと合いにくいということは、永年の講習で分かっています。テキストにもありますが、両手でゲージを持ちながらのナビゲーションは、無理ですよね。なので、本当にナビゲーションを行うには、リストコンパスが必須です。特に、コンパスが小径ですと、真っ直ぐさえ分かりにくいです。
最後の1本分は、6カ所のポイントに行きます。ポイント毎に、次のポイントへ行くための情報が書いてあります。30度30mとか285度45mとか、その指示に従って次のポイントに行きます。
このコンパスの基本が出来てから、コンパスナビを行います。
来月は、皆でパースでダイビングですので、再来月に大瀬で、ナビゲーションを行って頂き、ファンダイビングのルートを、1人ずつ行ってもらいます。
まずは、水神→6連タイヤ→バイク→ビーナス→安全停止
大瀬は、ナビゲーションの基本の水深とコンパスの使い方をマスターするには、一番良いですね。
昔は、富戸なんかでもやっていましたが、年中出来るのは大瀬ですしファンダイビングのルートを自分でナビゲーションしてもらう事が出来るのも、大瀬が一番良いですね。
ショップでは、教えてくれないナビゲーション講習をやってます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。